■プロフィール

たびたび君

Author:たびたび君
たびたび君はインターネットが使えません。世話役である私、旅丸黒子がこのブログにてたびたび君情報をお伝えいたしますね。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■たびたび君カウンター

■ブロとも申請フォーム
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
たびたび君、白州 サントリーウイスキー工場見学。
八ヶ岳ポニーユースホステルよりレポーが届きました。


 今日は天気もいいので、ユースから車で15分のところにある

「サントリー白州蒸留所」

に連れて行ってもらいました。ここはユースの行事でよく来るところだそうです。

まずは受付で申し込み。ドライバーに人は飲めないので首からカードをさげます。

とりあえず、お決まりの受付けのお姉さんとパチリ。
080221_05.jpg


30分ごとにガイドツアーがあるので、集合場所の「ウィスキー博物館」へGO。

ここには、サントリーの歴史や

いろんなウィスキーの道具などがいっぱい。展示してあるんだ
080221_00.jpg


ガイドのお姉さんについていざ出発。敷地が広いのでバスで移動したよ。

ひとつ目のところでは、大きな発酵のタンク、

次に蒸留のポットを説明を受けながら見ていくんだ。
080221_01.jpg

ただうんうんとうなずくばかり。奥が深い!

次は、「樽焼き」これは使用した樽の内側をもう一度焼いて、

新しい木(オーク材)の面を出し、再び使うというものです。

いわゆるリターナルというやつです。この火を職人さんは、

小さなひしゃく一杯で見事に消します。
080221_04.jpg

おおすごかった!

次は写真は撮れませんでしたが、

樽に仕込んだウィスキーの貯蔵庫に行きました。

ドアに近づくにつれウィスキーの香りがしてきて、

ドアを開け中に入るとウィスキーの香りが充満していて、

お酒が飲めない僕はちょと酔いそうでした。

いったい何個の樽があるのかとにかくいっぱいあります。

樽ごと販売もしているそうです。

50万円から3千万円までのランクがあるらしい。

去年ユースのお客さんで100万円のを買った人がいたようです。

すごすぎる!

最後は試飲コーナーへ行きました。

広い部屋でお姉さんたちがこの蒸留所で作っている

シングルモルトウィスキー「白州」
080221_02.jpg

を水割りやロックでつくってくれます。

しかし、ハラサワMはドライバーで僕はまだ19歳の未成年だから

呑むことができなきので、「南アルプスの天然水」をいただきました。


20歳になったらもう一度ここに来て必ず飲みに来ます。

待っててくださいおねえさん。

b_03.gif
↑ぽちっと1回押してね
スポンサーサイト


テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

たびたび君の旅日記 | 17:10:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。